医療関係者の患者さんが多い鍼灸院

氣よし鍼灸院は、医療関係者の方の来院が多い。

例えば・・・

看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、医師のご家族など。

医療関係のお仕事をされている方やご家族が多い。

みなさん、薬の悪い部分、西洋医学の弱点をよく知っています。

治療中でもよくそいう話をします。

 

p7.jpg

だからこそ、西洋医学に偏らない治療を選択されているわけです。

 

私自身、医療法人系の病院で約10年間、働き、

東洋医学・リハビリ部門の責任者をしていました。

西洋医学の得意な部分や不得意な部分たくさん見てきました。

私の業界に西洋医学、薬を全否定する方が時々おられるのですが、

私は西洋医学を全否定することはしません。

薬のいい部分はあります。 必要な方も当然おられます。

しかし、薬だけに頼っていてはいけません。

薬の効果はだんだん少なくなり、量は増えてきます。

副作用もあります。

偏った治療をしないこと、西洋医学、東洋医学、このバランス関係が重要です。

 

西洋医学だけとか、東洋医学だけとか偏らない治療を心がけているのが

支持されている大きな理由です。

 

 

 

他の院から多数来院

治療者だけが満足する治療はしません。

治療を受ける側が満足する治療を心がけています。

 

鍼灸治療に独自な考えの治療があります。

 

気を整えるだけの治療

使う鍼は、2~3本だけ

治療時間が15分

 

こういう治療に満足がいかず、私の院に来られる方も多い。

中には、15分の治療、

2~3本の鍼で8000円や1万円の治療費がかかる院もあります。

 

鍼もほとんど体の中に入れず、手や足を動かすと抜ける状態・・・

気を整えればいので、このやり方で効果があるという。

 

別に治療家が好きな治療を学び、そのやり方で治療すればいいので、

否定はしません。

 

しかし、私の院に来られる他院に通院していた方の中には、

こういう治療を受けて、納得していない方も多くおられます。

 

関節リウマチや線維筋痛症の場合、「気を整える」という、

東洋医学だけの考えだけでは、リウマチを克服することは、

常に難しいことです。 

東洋医学の考えと自律神経、神経生理学などの西洋医学の考え、

心のバランス面、心理カウンセリングなども考えて施術しなければ、

リウマチや線維筋痛症を克服することは難しいと考えています。

 

当院では、血液検査の数値(通院されている病院の検査結果)を診ながら、

リウマチ完治を目指して、施術に取り組んでいきます。

 

身体全体のバランスを整える治療を行うため、

痛みのつらい関節の周囲、肩や腰などにも、

鍼治療をしていきます。

 

全体的に治療時間は、短くても1時間はかかります。

また、リウマチ以外の症状もご相談してください。

同時に治療を行います。


 
image.jpg