自然療法、自然治癒能力についての考え

 

薬を使わずに、自然治癒力だけでリウマチを克服したい方にも、

徹底的にサポートしていきます。

 

075.JPG


ネットや書籍の中にはリウマチを自然治癒で治すための方法が、

たくさん書いてあるものがあります。


例えば、例をあげると・・・


カイロプラテック、上部頚椎調整、整体、気功、ホメオパシー

イメージ療法、食事療法、様々なサプルメントなどなど・・・


本当にいろいろありますね。


私はどれも効果があると思います。

しかし、同じように効果がでるものはありません。


人間の身体は皆それぞれ違います。

体質、生活環境、性別、骨格、体型、体質と、様々です。


~療法、~健康法をすれば、皆に効果があるというものではありません。

当然、自分にはまったく効果がでなものもありますし、合わないものもあります。




リウマチを発症した背景は違います。 

ストレスや産後、更年期、高熱の後など様々なものが背景にはあります。


もし、色々な治療法、健康法、サプリメントを試すが思うような効果が得られなくても、

落ち込まないでください。


落ち込めば、それだけで自然治癒力が下がってしまいます。

 

重要なことは、パーフェクトを狙わないことです。

様々な健康法がありますが、やれないこと、無理なことはしないことです。


そして、落ち込まずに自分自身を許しましょう。

自分に対して、OKを出し認めてあげてください。


ここから重要な話


鍼灸治療や様々なサプリメント、健康法を試したが思うような結果がです、

腫れや痛みが取れない場合は、私は薬も使用した方がいいと考えています。


私の考えは、薬は西洋医学は全否定しません。

薬は使い方だと理解しています。


痛みを我慢するのであれば、薬を飲んだほうがいい。

痛みを我慢すると、辛いし、苦しいために、


精神的にも痛みで参ってしまい、交感神経が緊張して、

自律神経のバランスは悪くなります。


分かりやすく言えば、痛みの感情で自然治癒能力が下がります。


痛みでつらい方は、薬の力を借りて痛みを止めた方がいいいです。

しかし、今まで自然治癒力を信じて頑張って来られた方は、

悔しい気持ちあるかと思います。


しかし、私としては、将来的に変形する可能性が高い方をほっておけません。


変形してしまえばもう、もどることはできません。


一時的に薬の力を借りて、痛みを止めて自然治癒能力を発動して治せばいいのです。

そして、状態が安定すれば、主治医と相談しながら薬を減らせばいい。

薬は一生飲むものではありませんからね。


治療には幅を持ちましょう

 

東洋医学だけ、西洋医学だけ、サプリメントだけというよりも、

幅を作っていたほうが、よくなる確率は高くなります。


私の院では、リウマチ体操や食事療法、心理療法もなどもアドバイスしていきます。

リウマチを克服するためには、どんな方法でも使います。


一緒にリウマチを克服するために頑張りませんか?