関節リウマチ・関節痛・線維筋痛症を専門とする大阪府吹田市の鍼灸院

リウマチは正しい治療を行えば、痛みもなく変形の心配もありません。

「関節リウマチは一生治りません」
「リウマチの薬も一生飲み続けないといけません」

専門医からこう説明されても、あきらめないでください。
あなたの症状をよくする方法は必ずあります。

お薬でよくならないのであれば、
当院の治療方針「西洋医学(お薬)+東洋医学(鍼灸)」で
治療効果を高められる可能性があります。

東大病院鍼灸部門も推薦。リウマチの鍼灸治療で関西トップクラス

東大病院が推薦・紹介する鍼灸院であり、
医療関係者やそのご家族も当院へ鍼治療を受けに訪れます。

1年間で延べ1,600人以上のリウマチの方へ鍼灸治療を行ってきました。これほどのリウマチに対する鍼治療をおこなっている鍼灸院は、ほとんどありません。

・創刊70年以上の医学紙「医道の日本」誌に論文を掲載
・鍼灸医学の専門誌「医道の日本」誌に取材が掲載
・鍼灸師向けのリウマチ鍼灸治療の講演会
など、業界を牽引する一人です。

 

 

→院長プロフィールを見る

 いま受けている治療に満足していますか?

・病院では手術ばかりすすめられる・・・
・保険診療内の治療に限界を感じる・・・
・今の治療内容に不安、疑問がある・・・

保険診察は安く医療を受けられますが、短時間の診察のため細かく診ることができません。
慢性痛や様々な症状の場合は、保険治療のみでは限界があります。

また、

・薬を飲んでも症状がよくならない……
・薬の副作用が心配だ……

・一生、この痛みが続くのかなあ……
・寝たきりになってしまうのかな……
・気分が沈みがちで…

と不安を感じられたら、西洋医学(お薬)だけではなく、東洋医学(鍼灸)を取り入れる価値があります。

なぜ、リウマチの薬が効かない?

当院では、お薬を否定しません。
痛み止め、ステロイド、MTX、抗がん剤は効果的な治療だと考えます。

ただし、お薬を効果的に作用させる機能がお体あることを前提とします。
機能がなければ、お薬を正しく飲んでも効果は期待できません。

胃痛が胃薬で治まったり、痛みが鎮痛剤で治まったりするのは、
お薬が原因を治療するわけではありません。

症状を一定期間止める間に、自然に治ってくれることを期待します
自然治癒能力の活動に期待するわけです。

リウマチも根本的に治すには、体の治癒力がカギです。

リウマチの治療や痛みの改善には、お薬が効きやすい体、自己治癒能力を高める体作りが必要です。
体作りにおいて、鍼治療が効果を発揮します。

当院の治療方針、患者さんへの思い

当院の治療方針は「西洋医学(お薬)+東洋医学(鍼灸)」です。
お薬や手術も大切なことですが、あくまで補助手段。

お薬や手術だけで改善するのではなく、
鍼治療で体の自然治癒力を引きすことが
効果的な改善に必要と考えます。

当院のリウマチの鍼治療は、血液検査のデータや
服用中のお薬をチェックしながらおこないます。
検査データを診なければ、リウマチの状態がわからないためです。

東洋医学(鍼治療)だけに頼ることもせず、
診断や検査結果も踏まえて慎重におこないます。ご安心ください。

また、今のつらい症状をよくするには、
「自分自身が治すもの」という積極的な気持ちが大切です。

最近の研究では、痛みの知識やセルフケアを
患者さん自身が学ぶことで痛みが軽減する、と言われています。

そのため、氣よし鍼灸院では治療行為だけでなく、
・なぜ痛むのか
・今のお体の状態
・今後の治療方針、治療期間
をわかりやすく説明します。

私と二人三脚で、一緒に症状を改善していきましょう。

 

 

「今よりもよくなる!」と共に前向きに進みましょう

当院では、患者さんの一人ひとりのお体を預かり責任を持って鍼灸治療を行います。

痛みなどの症状が出始めた時期、体質、生活環境もお聞きした上で、お体の状態や体質に合わせた鍼灸治療を行います。

来院される患者さんは、少しでもよくなりたいと真剣な気持ちを持つ方たちです。

あなたも「今よりもよくなる!」と前向きな気持ちでいらしてください。

一緒に努力しましょう。力になります。

※当院は完全予約制です。
ご質問、ご希望の日時等お書き下さい。

以下からご予約ください。

→予約する

電話でのご予約 06-6170-9671

氣よし鍼灸院ストーリー

私が以前勤めた病院では、私の鍼灸治療が口コミで広まり、神戸の須磨、名古屋、伊賀上野、奈良など遠方からも車で2時間かけて来てくれる患者さんがいました。

 

 

 

(病院勤務時代の写真)

充実した毎日でしたが、あるとき医療保険制度の変更などで時間をかけた治療ができなくなりました。

院長も経営者ですから、赤字にできません。

病院の方針変更により、患者さんを短時間でまわさないといけなくなりました。

鍼灸治療を減らし、その場しのぎのマッサージを多めにすることになったのです。

患者さんの中には、頭痛、めまい、動悸、胃痛を訴えるものの、検査してもどこも異常がない方も多くいました。
みなさん、お薬だけ飲みながら仕事をがんばられていました。

検査しても異常がない場合、自律神経失調症や不定愁訴といった病名がつきます。

これらの症状には「鍼治療」がとても有効です。

しかし、まともな鍼灸治療はできません。

雇われている立場では、
「何だか違う」「こんなのでは治らない」と思いながらも、マッサージをすることしかできませんでした。

「本当によくなりたい」「治したい」という患者さん、遠方からわざわざ来られていた患者さんも次第に減ってしまい……。

まともな治療をしたい。でも、できない。
院の方針に逆らえず、私は無力さを感じました。

病の原因にはメンタル面が大きく影響することも多いです。

患者さんにマッサージしかできない日々、「患者さんのメンタル的なケアもしたい」という気持ちが強くなり、退職しました。

身体の面だけでなく、心の面からも元気になってほしいと思い、日本メンタルヘルス協会で心理学を学び、公認心理カウンセラーの資格も取りました。

私が目指す治療、本当の意味で「よくなってほしい!」という気持ちから、
2008年、大阪府吹田市で難病・リウマチ専門の鍼灸治療院を開業いたしました。

 

リウマチの鍼灸治療なら大阪府吹田市の氣よし鍼灸院

これまでにリウマチを専門的に、1日平均4~5人、多い日で8人以上、と多くの症例を診ました。

リウマチに対する鍼治療をこれほどおこなう鍼灸院はめずらしく、関西でもトップクラスです。

はじめにも書いたとおり、医療関係者やそのご家族も当院へ鍼治療を受けに訪れます。

医療関係者は薬や西洋医学だけに頼らない傾向にあります。
西洋医学の限界の部分、守備範囲を理解しているためです。

実際、私が以前いた病院の院長は、風邪を引いても薬より顆粒の漢方薬をよく飲んでいました。

医療に関わる方々は、「薬だけに頼っては、いつかは薬は効かなくなり、副作用に苦しむ可能性がある」と考え、西洋医学と東洋医学を併用して治そう、と
当院に鍼治療を受けに来られます。

「大阪まで通うのが大変……」と思われた場合も、一度お越しください。

患者さんは、東京、千葉、神奈川、名古屋、福井のほか、福岡などの九州方面からも来られます。

当院で1回でも治療を受けられましたら、お住まいの地域に私の知り合いの先生がいる場合はご紹介しております。

ご希望の日時が埋まっている可能性があるため、必ずご予約をしていらしてください。

→予約する

電話でのご予約 06-6170-9671
※当院は完全予約制です。

推奨されているエタノール濃度の製品を使用しての感染予防対策

当院ではマクラ、胸あてなどの消毒を行っております。

 

 

 

 

 

 

また、玄関に消毒噴霧器を設置しております。
院内に入る前に手指の諸毒をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

※発熱などの症状がある場合は、他の患者さんや当院スタッフの健康を考え、
来院をお断りしております。ご了承ください。

治療に関してご予約、ご相談はこちらまで

完全予約制 まずはお気軽にお問い合わせください

TEL/FAX 06-6170-9671

営業時間 9:00〜12:30 / 14:00〜20:00
(土曜の午後は13:30〜17:00)

休診日 日曜日・祝日