雨の日は、なぜ関節が痛むのか?

雨が降る前に、なぜリウマチの痛みが強くなるか?

リウマチで関節の破壊がある方や、CRP,MMP-3が高い方ほど、雨が降っている時より、雨が降る前の方が痛みは、強くなることが多いです。

低気圧が近づくと気圧が、だんだん下がって雨が降り出します。気圧が下がれば、耳の中にある、内耳(ないじ)というセンサーがそれを感知して、交感神経活動が高まります。

交感神経が高まると、神経末端からノルアドレナリン物質が血液に放出されます。ノルアドレナリンという物質は、血管を収縮させて、ヒスタミンやTNFαという物質を放出して、痛みを感じる神経を刺激します。

特に何も症状がない普通の人であれば、気圧が下がって痛みを伝える神経が刺激されてもそれほど、痛みは感じませんが、しかし神経の損傷や炎症があれば、気圧の変化(雨が降る前の状態)が起きれば、痛みは強くなります。

では、どうすればいいのでしょうか?

雨が降る前、気圧の低下が起きると、痛みが出やすくなるということを、理解しておいてください。知識がなければ、痛みが出るたびに不安になります。

「メトトレキサート(リウマトレックス)を飲んでいるのに、生物学的製剤を使用しているのに、なぜ痛いの?」「悪化してるんじゃないのか?」

このような心配が出てきます。心配すれば、痛覚が敏感なり痛みを強く感じるようになります。ちゃんと、雨が降る前に起きる痛みのプロセスを知っておけば、「これから雨が降ると天気予報で言っていたな〜」と、不安に押しつぶされることもありません。

また、痛みは我慢しない方がいいです。痛みが強ければ、痛み止めや湿布を使用してください。痛みは情動が大きく関係します。情動とは、怒り、不安、恐れ、悲しみなど喜怒哀楽のことです。

痛みの知識を持ち、薬で痛みを止めれば、情動が乱れることはありません。

鍼治療は、自律神経の安定させることが得意な治療です。自律神経を整えることは、西洋医学、薬にはできません。

薬と鍼治療を併用した治療を行なっている人は、それほど、雨が降る前もそれほどひどくならない方が多いです。

(ポイント)

*気圧の低下(雨が降る前)は交感神経が高まり、痛みが強くなる

*雨が降っている時よりも、雨が降る前の方が痛みは強くなる。

治療に関してご予約、ご相談はこちらまで

完全予約制 まずはお気軽にお問い合わせください

TEL/FAX 06-6170-9671

営業時間 9:00〜12:30 / 14:00〜20:00
(土曜の午後は13:30〜17:00)

休診日 日曜日・祝日