リウマトレックスは毒である

抗リウマチ剤MTX「リウマトレックス®カプセル2mg」(一般名:メトトレキサート)は毒です。
わかりやすく言えば、毒であり薬でもあります。

毒と薬の違いというのは、
私達によろしくない影響を与えるものを「毒」といい、都合の良い働きをする場合を「薬」と呼んでいるだけです。つまり、毒と薬は表裏一体ということです。

MTXは、1999年に日本でも使用できるようになりました。
この薬のおかげで、関節の変形を抑えることが可能になり、リウマチ治療も大きく変わりました。

そんなMTX、効果が高いですが、その逆の効果も当然高いわけです。
つまり、副作用が強いのです。

MTXは、免疫を強力に抑制する薬ということもあり、感染症をはじめ、血液、リンパなどに重篤な症状を起こす危険が高いのが特徴です。
副作用には、肺障害、骨髄障害、肝障害、感染症増悪等がよく知られており、最近もB型/C型肝炎ウイルスキャリア患者の再活性化による重篤な肝障害に関する使用上の注意の改訂もありました。

最近、来院されている患者さんが、MTXの副作用を説明されました。
「この薬は悪性リンパ腫になる可能性が高いので、長期の使用は危険です」

この患者さんはリウマチを発病して2年ほど経過されているのですが、早い段階から私の院に来ていただいていたため、当初、手足の関節の痛みや腫れが強かったのですが、順調に回復して今は、リウマチの痛みはまったくない状態です。

主治医が、MTXは状態がいいため、止めましょうということで、今は飲んでいません。
生物学的製剤のみです。

MTXは副作用が怖いから飲みたくない、という方もいると思うのですが、飲まないという選択は、副作用よりも危険なことです。1か0かで考えるのではなく、副作用が出ない身体作りを考えればいいのです。

副作用が出ない身体作りはどうすればいいのかといえば、東洋医学、鍼灸でしょう。

リウマチ因子が出ているだけの方や初期の初期の方であれば、薬を使わず東洋医学・鍼灸だけでリウマチをよくすることも可能ですが、腫れや関節破壊が進んでいれば、薬を使用しなければなりません。

薬の効き目をよくしたり、副作用を抑えることが鍼灸の守備範囲になります。

治療に関してご予約、ご相談はこちらまで

完全予約制 まずはお気軽にお問い合わせください

TEL/FAX 06-6170-9671

営業時間 9:00〜12:30 / 14:00〜20:00
(土曜の午後は13:30〜17:00)

休診日 日曜日・祝日