一般の人はリウマチについて知らない

リウマチという名前は知られていますが、どんな病気か詳しく知っている方は少ないと思います。
リウマチという病名は、温泉の効能に書いていますし、 入浴剤レベルでも書いています。普通に目にすることが多い病名です。

一般的には、リウマチは、老人性の関節痛の類だと思われていることが多いのではないでしょうか?

実際、患者さんから時々聞く話は、「あんた若いのに、 なんでリウマチやねん」
「年寄りみたいやなー」と、知り合いから言われた方は多い。

悪気はないと思うのですが、言われる方はキツいと思います。

私の鍼灸院は、リウマチ以外の疾患、不妊、突発性難聴、肩こり、腰痛などは紹介が多いのですが、リウマチの場合、 紹介というのは、あまりない。

理由は、周りにリウマチだということを隠していることが多いからです。

先に書いたように、リウマチという病が、 名前がメジャーすぎて、年寄り病だとか、たんなる関節痛と思う人が多いためです。
いちいち説明するのが面倒なので、みんな黙っているケースがほとんど。

また、年頃の娘さんがいる方は、「リウマチ=遺伝」という誤解もあって、結婚などに支障をきたすと考え、隠す方もいます。

ちなみに、リウマチは疾患感受性に影響する遺伝子と、喫煙などの環境要因が相互作用することで発病すると考えられています。
つまり、遺伝子を持っているから必ずリウマチを発病するわけではありませんので。

リウマチの発病年齢は、30~50代の女性が多く、お年寄りは、発病はしにくいと、一般的な言われています。理由は、免疫の病気だからです。

免疫は、かんたんに説明すると、自分の体を守る兵隊みたいなものです。
その免疫が何らかの理由で突然、自分の体を攻撃し始めるのがリウマチです。

関節を破壊するため、猛烈な腫れと関節破壊が起こります。

年齢が若い方が、兵隊の数も多いのですが、年をとれば少なくなるため、攻撃力も低下します。
そのため、医者によっては、70歳になればリウマチは治るよと、説明する方もおられます。

ただ、「最近は元気な年寄りが多いので、70過ぎてリウマチになる人が増えているんだよね」と、ある医師から聞きました。

大きな病院で診察を受けている方の主治医が「最近、リウマチの患者が多くて、昼休みが取れない」と話していたそうです。

高齢化で70歳以上のリウマチの患者が増えていることも原因じゃないかなと思います。
また、寿命も延びているため、若い頃に発病した高齢者の数もカウントされていると思います。

昔のように変形をする病気ではありませんが、年をとっても元気で生きていくためには、抗リウマチ薬だけを飲みつつけるのは、いいことなのでしょうか?

薬の副作用で内臓も弱りますし、薬は徐々に効かなくなり量も増えていく。

薬は症状を抑えているだけですからね、治していませんから。
だから治すことも同時にやらないといけないと思います。

治すことは自然治癒、自分自身が持っている自己治癒能力を使うしかありません。
だから鍼治療との併用をすればいいのですが、
鍼治療がリウマチの治療の選択肢の1つとして選らぶ方は、まだまだ少ないのが現状です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 氣よし鍼灸院へのお問い合わせ お気軽にどうぞ

 健康相談&お問い合わせメール クリック

 電話 06-6170-9671

当院は、東京大学大学医学部付属病院リハビリテーション部鍼灸部門からの推薦を受けている鍼灸院です。

東京大学医学部附属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸)部門

『東洋医学×現代医学』2つの医学の考え方を合わせた鍼灸院です。

鍼灸経験20年以上の実績

病院勤務10年の鍼灸治療の経験

 

治療に関してご予約、ご相談はこちらまで

完全予約制 まずはお気軽にお問い合わせください

TEL/FAX 06-6170-9671

営業時間 9:00〜12:30 / 14:00〜20:00
(土曜の午後は13:30〜17:00)

休診日 日曜日・祝日