痛くて手を挙げれない、手を握れない

・患者

50代女性

・来院

2015年 5月

・症状と来院理由

2015年3月にリウマチと診断。
薬を飲み出すが手関節、手指、足の甲の腫れと痛みが続き歩行困難となる。

日常生活に支障がでてきたため、薬以外に他の治療がないかと思い、
当院のサイトを見つけて来院される。

(薬)

MTX 4mg

ロキソニン

(来院時の血液検査のデータ)

CCP抗体 691,9 U/mL

CRP  1,26 mg/dL

MMP-3  169,2 ng/mL

(痛みを感じる関節と筋)

・治療と経過

週に1回の鍼治療を行い、薬が効きやすい体を目指す。

交感神経を安定させ、新陳代謝機能を向上させる。
正しい関節運動を指導し、手の指を動きやすくする方法を教える。

両手を挙げる動作(万歳動作)ができないため、
鍼治療で肩関節の周囲の筋肉や靱帯をゆるめて関節の動きをよくする。

その後は自宅で関節運動を毎日行ってもらう。

・同時に治療したポイント

肩関節の動きが悪いため、首から肩にかけてのこりを同時に鍼治療。

 

・考察

もともと他の鍼灸院でリウマチ治療を受けていたが、
痛みを伴う鍼治療だったため、当院に当院に移ってこられた。

私のブログで血液検査のデータを見ながら鍼治療を行っていることを知り、
受けている鍼灸院の治療法に疑問を感じたとのことだった。

リウマチの鍼治療はデーターを見ながら行うことは基本になる。
症状を診たり、患者の痛みを聞くだけでは、状態を把握することは困難なことである。

関節が痛いから動かさないという考えになる方は多い。
昔は「動かさないように」と指導されることもあったが、
今は多少痛くても動かさなければいけない。

どのレベル動かしていいのかについては、症状によって異なる。
そのため、自己判断で行うことは難しいことである。

今回の症例の方は、関節の拘縮が強いため関節周りの筋緊張を取って
動かすことが必要なことである。
当院の治療を受けて2ヶ月後には関節の動きは正常になった。

半年後の血液検査の数値は、

CRP  0,06 mg/dL

MMP-3  61,6 ng/mL

になり、日常生活も改善し普通に生活できるようになった。

 

治療に関してご予約、ご相談はこちらまで

完全予約制 まずはお気軽にお問い合わせください

TEL/FAX 06-6170-9671

営業時間 9:00〜12:30 / 14:00〜20:00
(土曜の午後は13:30〜17:00)

休診日 日曜日・祝日