リウマチと膠原病のシェーグレンを同時に鍼治療で悪化しない状態に

・患者

50代 女性

・来院

2017年 12月

・症状と来院理由

2014年頃より、口が渇いたり色々な体の不調が現れる。
2015年には顔面神経麻痺、膠原病のシェーグレンを発症し、
リウマチ因子の値も高くなったため、
薬を使わずリウマチを治すという病院を受診し、
漢方と鍼灸治療を8ヶ月間通院するが、よくならないため当院を受診した。

RF 708 CRP 0,06

 

・治療と経過

鍼治療で全身の調節を行い、リウマチが活動しないための体作りを目指した。
手の強張りや痛みが出た時は対応し、悪くならない状態に戻した。

シェーグレンによる唾液の分泌が出にくい状態なため、
鍼治療とパルス通電治療を行なった。
1回の鍼治療で、唾液の分泌が出てるようになるため、
非常に楽になるとのこと。

・同時に治療したポイント

シェーグレンによる唾液分泌、更年期障害によるホットフラッシュ

当院の鍼治療を受けて9ヶ月になるが、
リウマチを発病せず、因子のみ高い状態を保っている。

・使用した主なツボ

手三里、上四トク、下関、エイ風

・考察

漢方と鍼灸でリウマチを治すという、ある病院から転院される方は多い。
多い時で、月に3名の方が来られる。

「リウマチをアトピーに変えて治す」という独自の理論で治療を行なっておられるが、
過去、ここに通院していた患者は、今まで30人以上は診てきたが、
全員、関節が破壊され手関節、手指は曲がり動かない状態になっていた。

ある程度、リウマチが進行した人は薬は必要だ。
しかし、副作用が強い薬なので、少ない薬の量で最大限に効く体作りが必要だ。
そのために、鍼灸の併用が必要だ。

初期のリウマチの場合であれば、
発病しない状態にすることは、可能なことだ。

高速バスで片道2時間以上かけて月に1回、
健康管理とリウマチの予防のために通院中していただいている。

 

治療に関してご予約、ご相談はこちらまで

完全予約制 まずはお気軽にお問い合わせください

TEL/FAX 06-6170-9671

営業時間 9:00〜12:30 / 14:00〜20:00
(土曜の午後は13:30〜17:00)

休診日 日曜日・祝日